中小企業の社葬の意味

中小企業は、大企業とは違って企業内の風通しが良いと言えます。上司は部下と近く、社長とさえも気軽に話せる環境だという会社もあるでしょう。違う部署であっても顔を知らない社員は一人もいないという会社もあります。このような中小企業において、創業者や社長などが亡くなった場合、最近では社葬が執り行われることが多くなっています。今までの会社への貢献度が高い人を追悼する場になります。しかし、社葬には追悼の他にも意味があるようです。社葬となれば、社員だけでなく今までお世話になっていた取引先を始めとした関係者もたくさん来ます。代表者を欠いた後、新しい代表者を据え企業のこれからのあるべき方向性を示すきっかけになります。社員に対しても新体制で会社を経営することを自覚させるきっかけになります。悲しみだけではなく、未来を見据えた場にもなります。

中小企業の社葬の規模

今は不幸があっても盛大な葬儀を行うことが少なくなっています。家族葬など近親者で葬儀を執り行うことが多くなっています。ですから昔よりも社葬の数は減少していますが、それでも会社としてお別れ会を提案することがあります。故人のこと、遺族の気持ちを考えて執り行うだけではなく、会社の付き合いのために行うという考えも多いです。中小企業によっては交流の場にもなりますし、面識を持つための場としても利用されます。本来であればお悔やみの気持ちを伝えなければいけない場ですが、ビジネスのために利用をすることが多くなっています。そういうことであれば、遺族も故人も喜びませんし、社葬を行って欲しくはないということもあるでしょう。世間体のために行うのであれば、やめたほうがよいですし、費用もかかりすぎてしまうので、辞退をしたほうがよいです。

中小企業が行う社葬はリーズナブル価格が魅力です

会社の代表取締役や重役の地位の方々が亡くなった場合には、社葬が行われます。それは会社の規模でも異なった葬儀の行われ方です。その有名企業の場合には、盛大な葬儀がとり行われます。しかし中小企業等では、従業員の数に応じて社葬の対応を行います。その為にリーズナブル価格の葬儀費用が、定評です。また故人の意向から小規模での葬式を行う場合があります。その為に多様なプランから選べる葬儀業者が必要です。それでも個人の葬儀と異なって、会社の取引先の多さ等から小規模な葬儀では出来ない場合もあります。それに社会的地位や立場から中小企業であっても多くの参列者が訪れる場合もあります。その為に多様な対応が可能な葬儀場が、望まれます。そこから合同葬と言う形も行われる場合があります。それは個人葬と社葬を一緒に行う事です。その合同葬を行う事から葬儀費用の節約も可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*