中小企業の社葬のアドバイス

大企業の社長や会長などが亡くなった際には、テレビニュースなどでも報道されることがあります。これほどの人の場合、社葬が行われるのが一般的です。しかし、大企業だけでなく中小企業にも社長や重役はいます。中小企業でも社葬を執り行うことがあります。大企業ではすでにこのような場合の規定があるでしょう。しかし、企業によっては社葬が初めての場合もあります。初めての場合は、今まで社内で経験した人がいないため、何から手を付けるべきかわかりません。また、費用に関しては税金なども関わってきます。社内のわからない者同士が集まってあれこれと悩むのではなく、経験のある業者に相談するのが無難です。相談することによって業者が助けてくれることもあるでしょうし、社内で決定するべきことがあれば教えてくれ、迅速に社内会議などで解決できます。

中小企業の社葬を行う業者

大企業での社葬は大掛かりなものとなることが多くなっています。有名人なども参列することがあるからです。しかし、中小企業となると、そこまで大掛かりにする必要はありません。しかし、例えば社長などの役職に就いている人が亡くなった場合には、ある程度の規模で行う必要があります。そんな時にお勧めなのは、中小企業向けの社葬をセッティングしてくれる業者です。一般的な葬儀会社では家族葬などのように、ニーズに合わせたプランを提案することができます。最近の葬儀会社の多くは、中小企業向けの社葬プランも提案できるようになっているところがあります。参列する人数から会場の規模なども決まってきます。家族葬とは違って数十名というわけにはいかないことから、最低でも100名規模で考えるといいかもしれません。後は葬儀に必要なものを全て取り揃えてくれるので、安心してお任せすることができます。

中小企業の社葬を行う時知っておきたいこと

中小企業において、創業者や社長が亡くなるというのは大変な事です。取引先や社員、またその家族も今後どうなることか、と心配になる事は疑う余地もありません。この様なとき、家族葬で済ませてしまうよりも、会社として葬儀を出すことで、より広く多くの方にお別れをお伝えすることができます。また会社としてもその場を借りて、故人を送り出すと同時に故人のこれまでの貢献に対して謝意を述べることができます。更に取引先や参列くださった方に今後の経営についての発表を行うことができますので広く一般に会社の気持ちを伝えることができます。また家族葬に比べると社葬は会社の経理の損金扱いにできますから税法上のメリットもあります。以上の事から、中小企業の場合は会社に貢献した方を手厚くご供養する意味合いと、少しでも豪華に多くの方をお招きし、しかもご遺族にとっても優遇された措置のある方法を選ぶとよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です