メリットがある中小企業の社葬

社葬というのは故人が勤務していた会社がその葬儀を行うことを言います。通常は家族葬でご家族が葬儀を執り行うことになりますが、会社が葬儀を執り行う場合には、いかに故人が会社に貢献していたかを表す周知の場でもあります。そのため、葬儀にはご遺族のほかに取引先や従業員、時にはマスコミ関係なども参列します。昨今では大企業のみならず中小企業においてもこういった会社による葬儀が執り行われることが多いため、そのノウハウに余りご経験のない企業の場合には葬儀社にて担当の係員がご相談を承らせていただき、葬儀の運営をお手伝いさせていただいています。会社として故人を送り出すに恥ずかしくない社葬を執り行う為に、総務をご担当されている方はいつかくるべくその日の為に事前に資料請求、または専門家と話しをしてプレスタディをしておく必要があるでしょう。

社葬は中小企業の危機管理の一つ

人の死というのは突然やってきます。その点では災害やコンピュータの停止などによる危機管理と同じように常に注意して万が一の時に備えていなくてはなりません。事例がおきてしまってからでは慌ててしまい物事をスムーズに執り行うことが容易ではなくなりますから、中小企業の場合にはその日に備えて、いつ誰がどのように行動をするか、などを予め社葬規定としてマニュアル化しておくことが必要でしょう。最近では葬儀社において、中小企業向けの社葬についてそのノウハウを教授してくれています。できればこういったセミナーに参加したり、個別に問い合わせをして、事前に勉強をすることが望ましいでしょう。そしてできれば予め大まかな段取りを決めておけばいざという時にスムーズな運営が可能となります。こういったことが円滑に行われるというのは危機管理がキチンとなされていることとみなされます。故人をよりよく送り出す為にも、そして参列者を始め取引先の方々に次の後継者について発表を行うためにも、中小企業こそ、キチンとした社葬を執り行うべきでしょう。

社葬は中小企業の創立者が多い

その企業にとって大きな功績を残した人に対して、企業が葬儀を行なうことがあります。この場合、一般的に個人葬と呼ばれるものが、企業が主体で行なうと言うことで、社葬と呼ぶことになります。社葬となると、その費用全体を企業が持つことになり、その葬儀の大きさ等に関係なく行なわれることになります。亡くなった人が社会的な影響が大きかったとか、参列者の人々が多岐に渡るような場合、この社葬と言う形で行なわれることが多いと言われます。このような形で行なわれる場合、中小企業の創立者に多いものと言われます。その中で宗教的な問題は、遺族の意向を持って行なうことが多いのですが、会場などが、人員の関係もあり企業側の意向で決まることも多いと言われます。最近の例の多くは、家族だけで密葬と言う形で先に葬儀を行なっておき、後日、お別れの会と言った形での葬儀も行なわれるようになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です