豪華に執り行われるケースの多い中小企業の社葬

企業の社長や役員等、重要人物が亡くなると、企業自身が喪主となり、企業の経費支払いで葬儀を行う形式が社葬ですが、取引先に関係者の多い企業であれば参列者の人数も個人葬の比でないことが珍しくありません。このため、企業次第ですが葬儀は広い敷地の公営斎場が必要となり、豪華に執り行われることになるようです。最近のように、中小企業と言えども同業者との競争に厳しさを増している時代には社葬が取引先あるいは、製品を購入している一般消費者等へのプレゼンテーションの意味も持つことさえ意識されていますから、企業の経営状態を心配されるようなけちけちムードの中で葬儀を行うことができないわけです。創業者一族経営の中小企業でも創業者が亡くなれば代替わりをお披露目する色彩や創業者亡き後の社内体制堅持を示して、葬儀終了後も引き続き企業が経営にまい進していく意思表示の場でもあるので豪華に執り行うケースがしばしばあります。

中小企業における社葬

社葬に関しては大企業が行っていくものと思われている方もよくありますが、最近においては中小企業様においての事例が増えてきております。また、創業者が亡くなられた場合は、会社に関して貢献度による大きさについては大企業と比べて大きいからでしょう。なお、後継者に関しては社内外に知らしめていくために社葬を行っていくケースについてもいくつか見受けられております。そして、しっかりとしている社葬を行っていくことによって、社外における関係者に信頼感を与えながら、社内の組織について安定させていくことができるからでしょう。しかし、中小企業においては過去に社葬を執り行っている経験に関してはほとんどないケースが一般的となっています。社葬を行っていきたいたいと思っても、なかなか何をしていけばよいのかわからない部分もあるかと思われます。また、法人としてのものですので当然ながら税のことなどについても気になってくるかと思われます。

中小企業の社葬の執り行う場所のポイント

社葬といえば、一部上場企業など、限られた一部の大手企業で執り行われるもの、というイメージが強いのではないでしょうか。しかし、最近では中小企業の社葬も少しずつ増えてきているようです。というのも、故人が代表取締役だったりする場合、偲ぶ場であると同時に、取引先の会社に、後継者をお披露目の場としても活用しよう、というのが理由のひとつのようです。そのため、実際の経営状況より見栄を張ってしまったり、本来お悔やみの場であるべきはずが、派手な場になりすぎたりするケースもあるようです。特に中小企業の創業者が亡くなった場合は、一代でゼロから築き上げたという点で、貢献度はとても大きいので、葬儀と後継者のお披露目のバランスは注意が必要で、プロなどにしっかりアドバイスしてもらうことが、中小企業の社葬のポイントのひとつと言えるのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です